携帯電話の通知音。

画面に映るメッセージは「今あなたのうしろにいるの」。なんてのは使い古されたホラー。

現代はこんなメッセージより「今何してる?」の方がよっぽどホラーです。

返し方ひとつでその後の運命が大きく変わる様は怪談のよう。

「赤い紙が欲しいか?青い紙が欲しいか?ていうか今何してる?」を乗り切るために必要な、「今何してる?」の内容を聞いて判断する返し方や方法をご紹介。

「今何してる?」

この言葉は千の顔を持つ男ことミル・マスカラスが弟子入りしそうなほどのさまざまな顔を持っていて、反応するや「暇だったら遊びに行こうよ」「悪いんだけど仕事頼める?」「なんとなく聞いただけ」とさまざまな顔を見せてきます。

その中にはブービートラップという顔も含まれていて、うかつに「家でぼーっとしてる」なんて返そうものなら暇と判断され、続く相手の用件を断る理由を失ってしまいます。

大変深い、時には不快をもたらす言葉こそ「今何してる?」です。

「今何してる?」の内容を聞く返し方

これを訊いてきた時点で相手がファーストアタックを取っています。

しかし慌てることなかれ。しっかりとした返し方で、相手から内容を聞きだしましょう。

すぐに答えないで内容を聞く

礼儀としてやってしまいそうですが、「今何してる?」と聞かれてもすぐに答えては内容を聞き出せません。

LINEだと既読が相手に知られてしまうので心が折れそうになりますが、「とりあえず見るだけ見たんだよ」というスタンスでいましょう。

時間を稼ぐことにより相手が痺れを切らし、「実は○○のことなんだけど」と内容を言ってくれる可能性があります。

質問で返して内容を聞く

「今何してる?」と聞かれたら、「何か御用ですか?」と返します。

相手側に回答権を押し付け、「○○を頼みたかったんだけど」と内容を聞き出せます。

杜王町のあの人がいたら激怒する可能性があることだけが難点でしたが、もうお亡くなりになっているので解消されました。

内容を聞いてから判断する

「今は家でTVを見てる」と、あえて堂々と返します。

すると相手は「○○をするんだけど来ないか?」と内容を続けてくれます。暇だと判断されましたね。

これが乗り気でないお誘いなら「でもこれから出かけなきゃいけなくて」と、いじわるクイズによくある「~ですが」方式でひらりとかわします。

これはうっかりノーガードの状態で「今何してる?」に返してしまった場合にも有効です。

まあ普通ですね。

「今何してる?」を乗り切らない

誤植ではありません。乗り切りません。

といっても全てに使える方法ではなくEメール限定かつ、用事の内容がある程度判断できる場合です。(格闘ゲームの状況限定コンボみたいだぞ)

それは無視。

特にPCのEメールであればメールボックスを確認しなかったと言い張るか、メーラーのトラブルでこちらにEメールが届いていないと言い張ってしまいます。

用事の内容がある程度判断できるほどの人間関係を破壊しかねない究極の方法。やる場合は自己責任でお願いします。

ちなみに私は返信が必要なEメールには最低でも48時間以内にお返ししておりますのでよろしくお願いいたします。

「今何してる?」の内容を聞いて判断する返し方や方法まとめ

現代人のSNS疲れなんてのも騒がれていますが、いつの世だって浅かろうが深かろうが人間関係には悩まされるものです。

誰かが気を利かせて作りやがった既読機能なんてのもあいまって、人は人からの逃げ場を失いつつあります。

「今何してる?」

この言葉は嬉しいものか、そうではないか。

今回ご紹介の方法を参考に相手から内容を聞き出し、応じるべきか否かを判断してください。

まあ友達がいない私としては誘われるだけいいじゃんと思います。


コメントを残す