じぶ れいな
あっという間に寒くなりましたね。
秋は芸術の秋!食欲の秋!と言われていますが、私はやっぱり花より団子です♡
おいしいものをたくさん食べて元気に過ごしていきたいですね!!
それでは今月のマミーズスポット行ってみましょう♪

PICK UP SPOT

今回は8月から始まった産後ケア事業について取材をするため、旭川市で産後ケアを受けられる場所はいくつかありますが、今回は永山の【助産院あゆる】さんに行ってきました♪

「産後ケア」とは出産後育児をサポートしてくれる人がいなかったり、赤ちゃんの世話が不安だったり、体の回復が思うようにいかない人などが利用できる事業のことです。

料金も旭川市が9割負担してくれるため、自己負担額1割で利用できます。

「産後ケア」は主にどんなことをするのでしょう?

【助産院あゆる】の産後ケアは入院と日帰りの両方があり、産後すぐ~産後4ヶ月までの方が最高4日間利用することができます。

赤ちゃんを預けてゆっくり休息したり、母乳や育児の悩みを相談することで心身の回復を促すことが可能。

もちろん助産師・看護師による専門的なケアを受けられるのでとっても安心です。

また研修を受けたスタッフが自宅へ行き、産後の掃除や洗濯炊事などの家事をサポートしてくれる事業もあるそうで、赤ちゃんの沐浴なども行なってくれます。

「サービスを利用することでお母さんたちが自信をもって育児できるようになってもらえたら」と語る院長の北田さん。

産後にサポートしてくれる人が周りにいなかったり、育児に不安を抱えている方がこれらを利用することで、きっと楽しく笑顔で育児ができるようになるのではと思いました。

【助産院あゆる】は旭川市で唯一入院設備のある助産院です。

またこちらの助産院で出産をしていなくても、産後ケアや家事サポートを受けることができます。

妊娠中から見学に行けるので、興味のある方はぜひ訪れてみては?

実は私も、第二子と第三子はこちらの助産院で出産しました。

自宅にいるような安心感があり、いつも同じ助産師さんがケアをしてくれるので妊娠中も産後も安心して過ごすことができましたよ♪


コメントを残す