お箸を持つのが右手。お茶碗を持つのが左手。

今じゃめっきり聞かなくなりましたが昔はこの教え方がスタンダード。左利きの子どもは親が頑張って右利きに矯正していました。

こうした経緯もあってか少数派の左利きは右利きから羨望の眼差しで見られることもしばしば。両利きなんてそれだけで株価が暴騰します。

そんな右利き、左利き、両利きですが、右利きが圧倒的に多いことはわかっても細かな割合はどうでしょうか。

というわけで今回は、そう言われればちょっと気になる左利き、右利き、両利きの割合と男女比統計や特徴の違いについてお送りいたします。

左利き・右利き・両利きの割合

現在の車はAT車が99%を占め、MT車はたった1%です。

左利き、右利き、両利きの割合はそこまでではないにしろ、ご存知の通り右利きが独占禁止法に触れるんじゃないかというくらい圧倒的多数です。

左利き、右利き、両利きの割合はどの程度か見ていきましょう。

左利きの割合

やっぱりみんな気になるのか、左利きの割合は何度も統計を取られています。

多少のばらつきはあるものの、その割合は10%前後が保たれているというのは左利きの不思議。

ちなみに冒頭で書いた左利きを右利きに矯正していた過去や、一般的なイメージで日本に左利きは少ないように思えますが実は逆。

世界的に見て日本は左利きの割合が多い国。実際に現在の割合は増加傾向にあります。

逆に左利きが多そうなアメリカは左利きの割合が2%程度とかなり少なく、これまた左利きの不思議です。

右利きの割合

石を投げれば坊主に当たるなんて言いますが、その坊主はきっと右利きでしょう。きっと石を投げた人も右利きでしょう。

右利きは世界人口で90%程度の割合を占めるのだからそれもそのはず。

この割合はかなり昔から続いているようで、古代の壁画に描かれた人や石像でさえ右利きとなっています。

両利きの割合

両利きの割合についてはちょっと長いお話をしなければなりません。

右利きの人にボールを投げると、きっと高確率で右手でボールを取ります。左利きであれば左手を使うことでしょう。

では両利きの人に投げたらどうなるでしょうか。実はこれが両利きの難しいところ。

「両利きなんだからどっちの手でも同じだけ器用なんでしょ」というのが一般的な両利きのイメージで、もちろんそのタイプの両利きも存在します。

しかし文字を書くのは右手、箸を持つのは左手のように用途によって使う手が違うタイプの両利きもいます。

このタイプは正確には両利きとは違いクロスドミナンス(cross-dominance)と呼ばれ、欧米に多く見受けられます。

こうしたことから純粋な両利きの正確な割合はわかりづらくなっています。

とはいえ純粋な両利きであるためには左利きである必要があるので、その割合は10%以下と見るのが妥当なところでしょう。

スポンサーリンク

左利き・右利き・両利きの男女比統計

左利き、右利き、両利きの比率に男女で差があるのかと言われたらYESです。

男性と女性で左利きの割合を比較するとだいたい男性が女性の2倍と言われ、これは男性ホルモンが関係しているのではと考えられています。

ちなみに実際の数字として7,351人の日本人男女を対象に割合を調査した結果、女性の左利きは2.7%、男性は3.6%で2倍とはいきませんでしたが男性の割合が高いことが証明されています。

この調査は右利き・左利きの科学を執筆した前原勝矢さんによるものです。

そして左利きより珍しい両利きの男女比統計はというとまだないようです。残念。

左利き・右利き・両利きの特徴の違い

利き腕と逆側の脳、つまり左利きは右脳、右利きは左脳を主に使用します。

使う脳が違えば人の特徴にも違いが出るもの。

右脳と左脳の特徴に則って左利きと右利き、そして両利きの特徴を見ていきましょう。

左利きの特徴

右脳の特徴にイメージや記憶、創造やひらめき、空間把握能力に長けているというのがあります。

これらの特徴から五感を使いこなすことに長け、絵画や音楽、スポーツといった分野での活躍が見られ、少数派ということもあって天才肌であることが多いです。

ただその感性の強さのため感情的になりがちで、プライドが高い傾向にあるようです。

また左利きは右利きに比べて寿命が短くなる傾向もあるようです。

これは世界中のさまざまな物が右利き用に作られているため、左利きが不便でストレスを感じてしまうのが原因と言われています。

右利きの特徴

左脳は言語や計算、論理的な思考に長けています。

論理的、現実的、理性的、客観的といった冷静に物事を分析できる特徴があります。

一方で見方を変えれば理屈っぽくて柔軟性に欠けるとも言えます。

両利きの特徴

両利きということは右脳も左脳も使えてとんでもないハイブリッドスーパーマンなんだろうなあと思ったら、全てがそう上手くいくわけでもないようです。

もちろん中にはまさしく両方の脳の特徴を生かし、天才と称えられる両利きの人もいますが、特徴が混ざりすぎて注意力が散漫になりADHDなどの発達障害を起こす可能性もあるそうです。

ハイブリッドな特徴を得るには多少のリスクを乗り越える必要があるようです。

スポンサーリンク

左利き・右利き・両利きの割合と男女比統計や特徴の違いまとめ

子どもの頃はお母さんに叱られ、カウンター席で横に座れば肘が当たり、ハサミは使いにくい。

そんな左利きに対して、右利きは羨望よりも優しく接することが重要なのかもしれません。

また、利き手からその人の特徴を察することができれば、お互いが快適な空間を作ることができるでしょう。


もし記事の情報にあやまりがある場合は、下記の記事修正依頼フォームよりお知らせいただけますと嬉しいです。

記事修正依頼フォーム

おすすめ

コメントを残す